上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≪キャスト≫
江口洋介 ARATA 麻生久美子 斎藤工 奥田瑛二 中村嘉葎雄…
チェイス相関図

≪あらすじ≫
春馬草輔(江口洋介)は内偵調査を行う叩き上げの国税局査察官(マルサ)。一枚の偽領収書からレンタカー会社の20億円の脱税に取り掛かるが、たまりはすでにタックス・ヘイブンのヴァージン諸島に動かされていた。

 「カリブ海の手品師」の異名を持つ天才脱税コンサルタント・村雲修次(ARATA)によるスキームで、村雲はさらに余命半年の友人・川島とその妻・歌織(麻生久美子)を現地に送る。半年後、品田次長(奥田瑛二)や新谷統括官(益岡徹)の援護のもと春馬の調査はようやくヴァージンまで迫るが、直前に川島が病死し20億円のたまりは消滅。焦燥感の中、春馬は妻・雪恵(木村多江)の念願だった結婚18年目の海外旅行を取りやめる。

 二日後、テレビから飛行機墜落のニュースが流れる。それは夫に気遣って一人旅立った雪恵の乗る飛行機だった。生存者絶望のニュースが流れる中、娘の鈴子(水野絵梨奈)は春馬に「お母さんを殺したのは、お父さんだね」と言い放つ。一方ヴァージン諸島では、飛行機墜落のニュースを笑いながら見つめる村雲の姿があった。奇しくも墜落した飛行機は、村雲が人材派遣会社社長の檜山基一(斎藤工)のために仕組んだスキームで、事故によって村雲達は多額の違約金を手に入れることになったのだ。

 村雲の狙いはさらに、基一の父親にして6000億円もの資産を持つ檜山正道(中村嘉葎雄)の資産だった。村雲と行動を共にすることになった歌織は、村雲の狙いが単なる金だけでなく、大いなる復讐であることに気づく。一方妻の死の背後に何者かの巧妙なスキームを嗅ぎつけた春馬は、復讐のために次第に調査をエスカレートさせていく。

 春馬と村雲の、果てしなき追跡(チェイス)が始まる・・・。

≪見どころ・レビュー≫
正義感が強くまっすぐな春馬草輔(江口洋介)と、
卓越した頭脳と冷酷な判断で暗躍する村雲修次(ARATA)…
違う世界に生きてきたはずの二人の世界が重なりあうことで
ストーリーは大きく動き出す。

予想できない展開が続き、見ている側の予想を
上回るストーリー展開で決して飽きることはありません。

武骨な経済ドラマではなく、
人生への後悔やトラウマを抱えながら生きる登場人物たちの心の揺れに
胸が痛みます。

≪名言・名セリフ≫
「違いますよ春馬さん…ぼくは絶望なんかしていない。 
ぼくは絶望していないし、誰も恨んでいない…ただ…ただ…もうひとつの人生を、
想像してしまうんですよ…あっちとこっちに、どんな違いがあるんだ?
…抱きしめられる子供と、腕を切り落とされた子供に、どんな違いがあるんだ?
…いくら想像しても…違いが…分からないんだよ!…
だから希望を持ってしまう…あり得たかもしれない人生に…希望を持ってしまう!
人を狂わせるのは、いつもそういう…希望なんだ…眩しくて眩しくて…
目を細めて見つめる…希望のともしびなんだ…」

≪おすすめする人≫
NHKドラマ「ハゲタカ」が好きな人
経済ドラマや小説が好きな人
家族愛に感動したい人
予想できない展開を見たい人
スポンサーサイト

ドラマ「ラストフレンズ」のあらすじと感想です。

あらすじ
美容師のアシスタントをしている藍田美知留(長澤まさみ)。
高校時代の親友・岸本瑠可(上野樹里)。
瑠可は、友人の滝川エリ(水川あさみ)とシェアハウスと呼ばれる共同住宅に暮らしながら、モトクロスのレースに自分のすべてを注いでいた。
一方、ヘアメイクアーティストの卵、水島タケル(瑛太)は、雑貨店で瑠可とぶつかり、偶然出会う。

シェアハウスと呼ばれる共同住宅での楽しい生活のなか、
誰もが悩みを抱え生きながら、一つ一つの想いが交錯し…。

名セリフ

私があなたから目を逸らしてしまうのは…
いつまでも見続けていたいから。
私があなたに優しく出来ないのは…
あなたを失うのが怖いから。

この穏やかな時間が続けばいい。いつまでも。



キャストについて

性同一性障害という難しい役どころを演じた上野樹里。
ルカへの告白で胸が高ぶる演技が秀逸だった瑛太。
ジャニーズなのに、完全な悪役を演じきった錦戸亮。

特に、上野樹里はのだめのイメージを完全に払拭する内容で、
演技力の高い、役に幅のある女優さんであることがわかります。

ついでに、嫌なお母さん役がハマってた倍賞美津子の存在感も
際立っています。


脚本・演出について

設定もストーリー展開も不幸を予感させる、
90年代前半のドラマに多かったストーリー展開ですが、
明るさも持った作品に仕上がっています。

明るくて自由なシェアハウスと
それを脅かす薄暗い感情(昔の恋人の存在と、住人の秘めた思い)
が対照的です。

明るさも暗さもその対照によって際立っているドラマです。


関東地区では、お昼に再放送しているようですね。
私は再放送ではなく放送当時に見たのですが、
ラストフレンズの公式サイト内にある裏サイト探しを
やったのが良い思い出です。
必死にマグカップを落とそうとタイミングを計って、割れた時は嬉しかったです。

あれから、「お揃いのマグカップがほしいな」「シェアハウスに住みたいな」と
考えている人は多いのではないでしょうか。

以上、ドラマ「ラストフレンズ」の感想&批評でした。

ラスト・フレンズ ディレクターズカット 完全版 [DVD]
(2008/10/15)
長澤まさみ 上野樹里 瑛太 水川あさみ 錦戸亮

ラスト・フレンズ ディレクターズカット 完全版 [DVD]


RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

おすすめ映画ジャンル別批評

Top Page > ドラマ

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

プライバシーポリシー

*********************
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 *********************

プロフィール

にほんブログ村 映画ブログへ
eigabook
Author:eigabook
各媒体で映画レビューを
多数執筆しています。

ちょっと違った切り口で気軽に
映画を紹介できればと思っています。

一番好きなジャンルは
「邦画・ベタじゃない・せつない」系です。

某出版社主催・読書感想文コンテスト
特別賞受賞

お仕事・執筆依頼お待ちしています。
背が低いです。
My Yahoo!に追加

FC2カウンター

使用タグランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。